カテゴリー: 美容の知識

化粧を怠った生活

美しい女性
育児で定期的、時に追われる毎日が何年も続きました。

とにもかくにも定期的の用事で頭が一杯であまり化粧には気を使っていませんでした。

ただファンデーションを塗布して眉毛を書いて口紅を塗る。

ただそれだけ。

5分もあれば化粧の完璧でした。

他にも、持っている口紅は2本だけ。

私は、割りと早くに結婚、分娩をしていました。

まだ28才だったのにその様子。

無論、独身の時はそうではないのですでした。

反対にいつもフルメイクでした。

他にも、30才の時に撮った写真を見てショックを受けました。

そんなに化粧をしていない自身の地味な顔。

ただのオバサンです。

定期的こんな顔をしていたのか。

と、思ってしまいました。

まだフレッシュなのにそれではいけません。

心境を入れ替えて、キッチリと化粧をする事を決断しました。

ただし、久しぶりに、マスカラを出してみると固まってしまって使えません。

アイシャドウも、1つしかなく年中同じ色です。

アイライナーは行方不明。

一体いつの間にこんなに自らの事をほったらかしにしたんだろう。

と、実際に自身で自身が嫌になってしまいました。

心情を入れ替えるために思いきって一通りを買い直しました。

アイシャドウもいつも用と、お出かけ用と色を変更しました。

その上、直近で41才。

実際も定期的キッチリと化粧をしています。

女は、結局いくつになっても若くいなければいけません。

今後も定期的美しいでいられるように努力していきたいです。