月別: 2017年11月

脱毛サロンに最適の季節

脱毛サロンに通う女性
脱毛サロンで施術を受けるなら、季節などには配慮が必須です。

適切な時季もあれば、そうでないポイントもあります。

真っ先にナンバーワン避けた方が良い季節は、真夏前です。

そもそも女子の方々は、帰するところ肌の露出が多くなる頃合に準備て、施術を受ける性質があります。

必要ない毛がいつもよりもきわだってしまうからです。

かくの如き女子は、夏場前には増大してくる性質がありますから、もちろんショップに対する施術の予約数も増加するのです。

ですから夏場のちょっと前の頃合などは、他時季と比べると、少々予約が取りづらい性質があります。

着実に予約を摂りたいと思うなら、少々夏場時季だけは避けた方が良いでしょう。

それともう一つ避けるべき季節があって、秋なども控えた方が良いでしょう。

理由を言えば、肌の色が関わってくるからです。

そもそも脱毛サロンとしても、帰するところ肌の色などは気にしている性質があります。

普通にショップではフラッシュの光が用いられる事になりますが、それは黒い色と反応する性質があるのです。

したがって日焼け肌などは、多少フラッシュの光に反応してしまう性質があります。

それで肌の火傷率も高まってしまうのです。

反対に真冬等は、ベストチョイスの季節と言えるでしょう。

少なくとも夏場の前と比べれば予約は取りやすいですし、上述でも触れた日焼けなども、だいぶ大人なている筈です。

1月や2月などは、脱毛サロンの推奨ポイントと言えるでしょう。

脱毛サロンを前橋でお探しなら

可愛い子のムダ毛はダメらしい

ムダ毛処理をする女性
最近の男性は女性に対して、少々理想を抱きすぎではないですか?
私はそのような男性に言いたいことがあります。

勝手に理想を持っておいて、それが裏切られた時にドン引きするのはやめてほしいですし、それは男らしくないですよね。

私のクラスメイトに、誰もが認める美少女がいます。

すごくキュートな子で、すごく男子から支持を得ていました。

私の男仲間もその子に魅了されている一人で、私はそれを応援していました。

特に助ける事もなかったけど、温かく見守っていました。

そしたら突然その男が突然手の平を返したのです。

振られでもしたのかと思ったのですが、急にその美少女に「関心がなくなった」と言っていたのです。

なんでか聞くと、その美少女にすごい量の無駄毛が生えているのを目にして、速攻でドン引きしたらしいのです。

その友人が言うにはあまりぱっとしない地味な女に無駄毛が生えているのはまだいいけど、美少女に必要ない毛が多々あるのは許せないらしいです。

個人的には「そのような事で冷めたの!?」て感じで、驚きました。

どうやら地味な子より可愛い子に必要ない毛がある方が男性たちにはショックのようです。

無駄毛くらいと思わないでもないのですが、男性にとっては違うみたいです。

毛のせいで冷めてしまう事ってあるんだと思うと、夢見がちな男性を白い目で見てしまいました。

私が脱毛した理由!

美を追求する女性
私が脱毛したきっかけは彼氏にあります。

私の彼氏はささやかな変わり者だという事ははじめから知っていました。
でもすごくスキンシップが大好きできれいところもあります。

そう言う若干わがままな彼を嫌いではなかったけど、一つだけ不満がありました。
それというのが指毛を手でいじってくるクセでした。

彼は私といちゃついているケースに気づいたらなぜか指を「さわさわ」と触っているのです。

はじめは「多少見過ごせない」くらいだったのですが、それが指毛の必要ない毛が生えているところをさわさわ触っているのだと気づいて一段と心の内悪くなりました。

変な仕草に私は彼に嫌悪感を感じてしまったのです。

別に他のところを触るのは何とも思わないけど、指毛を指で触ってくるところは現実に想い悪かったです。

このままでは彼を嫌いになってしまうかもしれないと思って私は脱毛サロンに行く事になったのです。

こんな訳から私は脱毛をしました。

私の彼氏は相当変な趣味に走っていると考えます。

なぜそこを触って来るのか理解いただけませんが、とにもかくにもイヤで「やめて」と言ってもやめないので、彼氏に無断で脱毛してしまいました。

実際は脱毛が終わっていて、彼氏に指毛は触られなくなりました。

たまにさわって必要ない毛が無くなった事に気づいて若干心残りそうになります。

その顔を見る度に脱毛して良かったと考えます。

彼の事を嫌いになる前に脱毛を行った事は正しい選択でした。

化粧を怠った生活

美しい女性
育児で定期的、時に追われる毎日が何年も続きました。

とにもかくにも定期的の用事で頭が一杯であまり化粧には気を使っていませんでした。

ただファンデーションを塗布して眉毛を書いて口紅を塗る。

ただそれだけ。

5分もあれば化粧の完璧でした。

他にも、持っている口紅は2本だけ。

私は、割りと早くに結婚、分娩をしていました。

まだ28才だったのにその様子。

無論、独身の時はそうではないのですでした。

反対にいつもフルメイクでした。

他にも、30才の時に撮った写真を見てショックを受けました。

そんなに化粧をしていない自身の地味な顔。

ただのオバサンです。

定期的こんな顔をしていたのか。

と、思ってしまいました。

まだフレッシュなのにそれではいけません。

心境を入れ替えて、キッチリと化粧をする事を決断しました。

ただし、久しぶりに、マスカラを出してみると固まってしまって使えません。

アイシャドウも、1つしかなく年中同じ色です。

アイライナーは行方不明。

一体いつの間にこんなに自らの事をほったらかしにしたんだろう。

と、実際に自身で自身が嫌になってしまいました。

心情を入れ替えるために思いきって一通りを買い直しました。

アイシャドウもいつも用と、お出かけ用と色を変更しました。

その上、直近で41才。

実際も定期的キッチリと化粧をしています。

女は、結局いくつになっても若くいなければいけません。

今後も定期的美しいでいられるように努力していきたいです。